L'Appréciation sentimentale 2

映画、文学、漫画、芸術、演劇、まちづくり、銭湯、北海道日本ハムファイターズなどに関する感想や考察、イベントなどのレポート

大阪心斎橋STANDARD BOOK STOREと梅田の蔦谷書店

大阪でよく泊まるホテルはもっぱらカプセルホテルばかりで、心斎橋のアサヒプラザ、AMZA、梅田の大東洋、カプセルインといったところである。今回もまたアサヒプラザに宿を予約して、南海の難波駅からホテルに向かう途中に、本屋の看板があるではないか。

f:id:makottsu:20170614152056j:plain

STANDARD BOOK STOREとある。以前に来たときはなかったので、割と最近オープンしたのだろう。一階が古着屋になっていて、地下への入口がどこなのか少々分かりづらいが、エスカレーターを下ると、オレンジ色のランプに照らされた空間が広がっている。中は想像以上に広い。「本屋ですが、ベストセラーはおいていません」というキャッチフレーズが最高に気に入った。

四角形のテーブル型ブロックを基本とした本棚が構成され、その周囲をぐるぐる回りながら本を探す作りとなっている。各テーブル事にテーマが設定されている斬新な配置デザインには、たしかにベストセラーだから優遇されている本は一冊もないといって良いだろう。各ジャンル毎に、本当に良書と言われる作品を平積みしている。話題のビジネス書も無ければ、通俗的な本もない。この品揃えは青山ブックセンターを彷彿とさせる。いわゆる玄人筋には大変受ける構成だ。

ただ、店内をうろついていると、どこに行っても同じ場所のような錯覚になって、迷子になりやすい。これは何度か通うことで解消されるだろう。併設されているカフェも興味深かったが、店内を探索しているうちに閉店時間となってしまった。眺めるだけでも楽しくて、飽きの来ない書店だ。


そして翌日は大阪駅ルクア9Fにある蔦谷書店へ。

f:id:makottsu:20170614152131j:plain

ここは本屋の棚という概念を大きく覆す店の作りとなっている。店全体に円状にぐるりと棚が配置され、その円周を回るような移動を。店内にはカフェが二つ並列されている。この店内配置を考えた人は天才だろう。なんだか、本棚という棚を巡る回遊魚のような気分になってくる。

店内を歩いていた、就活中の格好をした20代前半と思しき女性客の会話が聞こえてきた。

「本って読む?」
「読まへん。何を読んだらいいかわからへん」

みたいな内容だった(大阪弁があっているかどうかは自信が無いが)。
この会話に、書店というか、読書業界が抱える全ての問題が集約されている。彼女らも書店を訪れるくらいだから、本に興味がないわけがない。並べられている本の数があまりにも膨大すぎて、何が面白いのか、どう選んだらいいのか、分からないのだ。
本が売れないのではない。どんな本を買えばいいのか、客の方が全く分からないというのが実情なのだろう。だから、せっかく客が本屋に寄っても、結局買わずに出て行くわけだ。

ウェブサイトによると、ここの蔦谷書店にはコンシエルジュが配置されている。いわば本のソムリエだ。これからの書店には、話しかけやすく、どんな本を読みたいかを聞けばたちどころに答えてくれる、名物カリスマ書店員のような存在が必要ではないか。それも、そういう存在がいるということをうまく宣伝し、気さくに話しかけてもいいことをお客さん側にうまく知らせる必要がある。今後の書店に必要なのは、どういう本を買ったらいいか分からない、というお客の要望にいかにうまく応えていくシステムを作るかにかかっている。

『ぼく、学級会の議長になった。小中学生から始めるファシリテーション入門』が北海道新聞で紹介されました。

f:id:makottsu:20170602233456j:plain

拙著が6月2日付け北海道新聞の生活面で紹介されました。「新しい本」とタイトルに銘打ってありますが、実際は発売から半年経ってます。

『ぼく、学級会で議長になった。』は、今もなお紀伊國屋書店札幌本店の入口そばの新刊コーナーにずっと継続して平積みされており、2Fの教育関係のコーナーにも平積みされて、本当に感謝です。全く無名の作者の本を半年以上にも渡って大量に棚に並べていただけるのは、大変ありがたく思ってます。これも購入してくださった数多くの方がいるからです。継続して本が売れるのは、作者としても大変幸せなことです。

amazonでも販売しています。入荷→品切れ→再入荷→品切れが何度も続いて、今も少し在庫が減っているようですが、また回復するはずです。遠方の方はぜひネット書店でもどうぞ☆

北海道JCフォーラム2017 メインフォーラムから

先日北海道JCフォーラムのプレゼンイベントに誘われたので、参加してきた。青年会議所北海道主宰による、三人の有識者が北海道のビジョンを語るといったイベントである。当日は雨が降って気温が低くて、しかも自分は青年会議所に属しているわけではないので、一般参加ではアウェーな雰囲気ではないかと懸念したが、実際は結構いろんな人が来場しているようで、しかもメチャクチャ面白かったので、思い切って参加して大正解だった。

ステージの雰囲気が何かに似ているなと思ったら、司会者がTEDの関係者と知って大いに納得。そう、これはTEDのプラットフォームを実にうまく実装したプレゼンイベントなのであった。

スピーカーは三人。夕張市の鈴木直道市長、まちづくり関係の木下斉氏、そしてマーケッターの藤村正宏氏である。

鈴木市長については、今やTV、新聞でも引っ張りだこの存在である。人類史上前例のない人口減少社会の世界最先端は夕張市といってもよい。先行するモデルケースが一切ないから、鈴木市長の政策が後世のモデルになるわけだ。鈴木市長とは3年ほど前に当時通っていたコワーキングカフェのイベントでお会いしたことがある。誰に対しても対等な目線で、人を見下すところが一切なく、その人柄に大いに魅了された。鈴木市長と夕張が脚光を浴びているのは、鈴木市長の人徳に基づくのはいうまでもないであろう。彼の情熱にはただただ圧倒されるのみである。紹介された夕張市のコンセプト映像では、GLAYのBELOVEDをBGMに、「再出発、挑戦あるのみ」というテロップのもと、大勢の夕張市民が颯爽と駆け抜けていく姿が映し出されており、大変見応えがあった。GLAYも同じ北海道出身ということもあって、楽曲提供の著作権問題などもあったと思うが、とても躍動感が感じられた。夕張のポテンシャルはまだまだ無限大だ。

そして、最もインパクトがあったのは藤村正宏氏のプレゼンである。
マーケッターを名乗っているものの、自分は正式に研究したわけではない、という冒頭の告白からとても引きよせられた。名前だけでは分からなかったが、プレゼンを聞いて「おや?この人はひょっとして・・」と思ったら『安売りするな! 「価値」を売れ!』の作者だとピンときた。この本を読んで、実にユニークで面白い売り方を考える人だと大いに印象に残っていたのだ。釧路出身の道産子で、スパカツを知ったのもこの本からである。このイベントは撮影禁止だったが、自分のプレゼンだけは撮影OK(スタッフに事前に許可してもらったようだ)、SNSに自由に載せてください、というから太っ腹である。

ビジネスを堅苦しいものとして扱うのではなく、これからは「繋がり」の時代で、楽しいを基準に行動するのがいいという考えに激しく納得。藤村さんは、一般的な社会通年を徹底的に覆す内容をたくさん提唱している。

f:id:makottsu:20170601193326j:plain

遊ばざるもの、働くべからず。
ビジネスは戦いではない。
遊びのような仕事、仕事のような遊び。
etc 
ああ、こんな考え方があったのか!目から鱗が何枚も落ちる。
 

堅苦しいビジネスセミナーは御免被りたいという私のマインドに、大きく突き刺さってくる内容だった。もっと聞いてみたかったけれど、20分では用意されたスライドの四分の一も紹介できなかったみたいで、後半はほとんどスライドを飛ばしまくって、最後のスライドがこの結論。
f:id:makottsu:20170601193355j:plain

好きなことでなければ仕事じゃないわけだ。苦しんでやる仕事なんで辞めちまえ。
そんなエールをもらったような気がした。これはいいね。


もっとじっくりと聞いてみたかった。エクスマセミナーに出てみたくなってくる。個人同士の繋がりや、物を売ることよりも体験がいっそう重要になってくるこの時代において、その人の持っている独自の雰囲気や良さがますます重要になってくる。そんなことを感じた。

福岡天神エリア(とその周辺)の書店を探訪 ブックスキューブリックけやき通り店&Rethink Books

地元以外の都市に行く場合は、たいてい書店や古本屋を巡ることにしている。以前はよく喫茶店を巡っていたものだが、たばこの煙がすっかり受け付けなくなり、自然と喫茶店への足が遠のいてしまった。今やどこに行ってもまち中のカフェがスタバ、ドトールタリーズサンマルクカフェなど、全国どこにでもあるチェーン店ばかりで、代わり映えしない感じがある。なので、自然と足が書店に向かうようになった。書店と言っても全国に展開する大手のチェーン店よりも、こじんまりとした個人経営の小さな書店や地域独自で展開している中型書に注目している。


先日訪れた博多の天神には、個性的な書店がたくさんある。ジュンク堂はもちろん、岩田屋に入っているリブロのような大型書店も楽しいけれども、博多駅構内のブックスタジオとか、天神のソラリアにあるメトロ書店のような、福岡にしかない書店にいくのは、なんともいえない趣がある。また新天町のアーケードには積文館書店や金文堂など、限られたスペースにいかに品揃えを工夫しているのか、品揃えを眺めるだけでもとても楽しい。最近も紀伊國屋書店が天神に進出しており、天神の書店は過密な戦争が勃発している。

今回福岡で初訪問した書店は三店。けやき通りにあるブックスキューブリック、そして期間限定で天神近くにオープンしているRethink Booksである。もう一つ訪れたのは天浪院書店福岡店だが、ライブイベントで貸し切りだったため、書店としての営業が行われていなかった。代わりにドリンクのチケットをいただいたので、次回博多来訪時に立ち寄ることに決定!いい店だ!

f:id:makottsu:20170525162809j:plain

地下鉄赤坂駅から徒歩十分も歩くと、けやき通りにたどり着く。ちょうど夕暮れ時で、ほのかな橙色のランプに照らされた並木が歩道に豊かな彩りを添えて、とてつもなくおしゃれな雰囲気を醸し出している。店の中も白い蛍光灯ではなく、暖色系を基調とした色調でとても落ち着いた空間である。私が滞在した時間にはひっきりなしに客が訪れ、地域に根ざしているのが感じられる。新書を一冊購入。店を訪れたある高齢者も「○○ってある?」と店員さんに熱心に質問していた。いくらネットやスマホが発達しても、Amazonのようなネットの書店を利用できない人は多い。

f:id:makottsu:20170525162838j:plain

ブックカバーがおしゃれだ。本屋の需要はまだまだあることを実感。

 

そして、後日訪れたRethink Books。
f:id:makottsu:20170525162824j:plain

天神から宿へ向かう途中に通りかかった際、偶然存在を知った店である。どうやら昨年5月から一年間の期間限定営業で、新刊書を扱う店舗であり、2017年5月31日に営業を終了する。ここの品揃えには心底驚愕した。人文系、特に海外文学を中心に、恐ろしくマニアックかつすばらしく充実した品揃えである。相当深い知識を持っている店員さんが棚を作っているのはまちがいない。テラスのような建築様式で、猛暑でもこの中にいれば涼しげな森の中にいるような、そんな気分がしてくる。表の棚にはフィリップ・ソレルスの『女たち』(河出文庫)が新品で、しかも自由価格本で置かれていたので、迷わずゲット!買い逃していたので超ラッキーである。購入すると、ドリンク700円分のサービスを受けたので、有機栽培のほうじ茶を注文した。実に心がホッと落ち着く飲み物である。

Rethink Booksでは夜に連日様々なイベントも行われるようで、芥川賞作家でピースの又吉やあの藤村忠寿氏のトークが月末に行われるようである。本の実売だけでなく、本を通したイベントを行う劇場型書店のすてきな本屋である。建築様式の店舗は寒い北海道では不可能に近い。

小さくても品揃えを工夫して頑張っている書店の工夫に目をこらしてみよう。きっと、思いがけないほんとの出会いがある。

ブックファースト渋谷文化村通り店の閉店とBOOK LAB TOKYO

f:id:makottsu:20170519132234j:plain


先日久しぶりに渋谷のブックファーストを訪れると、閉店を告げる看板が出ていた。ネットでは割と前から出回っていた情報のようで、店舗に向かう途中にスマホブックファーストのウェブサイトを見て閉店のことを知り激しくショックを受けたが、看板を見るとその現実をまざまざと見せつけらてしまった。渋谷に行く際にはよく訪れていただけに、本当に残念でならない、欲にここのビジネス書のコーナーで購入したプレゼン関係の本には大変助けられたものだ。

文庫本のコーナーには、河出書房から文庫化されたばかりのバルガス・リョサ『楽園への道』が大量に並べられているのを見て、このようなクォリティの高い本屋が消えてしまうことの無念さを感じずにはいられない。やはり、文芸の知識が充実している店員さんが本棚を作っている本屋さんは面白いね。これだけの規模の本屋が撤退するのも、時代の流れなのだろうか。ブックファーストはあおい書店6店舗を事業継承して新たに模様替えしているわけで、その辺の経営戦略が吉と出るか凶と出るか私には判断がつかないが、本好きの人間は書店で本を買い支えることが義務であるあるように思える。

f:id:makottsu:20170519132254j:plain

一方で、新しい本屋も渋谷に誕生している。道玄坂を上がっていく途中にあるBOOK LAB TOKYOだ。白を基調としたレイアウトに、ビジネスやアートを中心にカフェを併設したおしゃれな本屋で、イベントスペースとしても使われているようだ。こちらもなかなか面白い品揃えである。文庫本が少ないのが難点だが、全方位的に品揃えするよりも、一ジャンルに特化するのも一つの戦略だろう。

これからの書店は、単に品揃えを充実させるだけではなく、独特の強みを出すことが生き残りの必須条件となるだろう。ただ本を買うだけならamazonで事足りるので、次世代の書店で重要なのは、「体験」である。AKB48が「会いに行けるアイドル」というコピーを売りに、アイドルとファンの関係を更新したように、書店もAKB48劇場の如く、体験を読者に提供していくことが、今後の書店の新しい位置づけになるのではないかと思う。AKB48劇場のように、会いに行ける作家みたいな、そういう書店=劇場がこれからのスタンダードになって行くのではないだろうか。書店=劇場とは、何も作家が常駐しているというわけではなく、たとえば、著者によるトークイベントやセミナー、講座、あるいは読書会のような参加型のイベントによる体験ができる、そんな新しい姿だ。

個性的な品揃えによる未知なる本との出会いはもちろん、書店員の企画力、棚とペースの使い方、照明の工夫や店内レイアウトやデザインも今後ますます重要になってくる。
本を売る時代から、本という体験を売る時代へ。本屋のあり方の変化が求められている。

ABD読書会(北海道初上陸??)@オノベカ

先月ころ知り合いのS氏からABD(Active Book Dialogue)読書会って知ってる?という連絡が入った。いったい何のことだかさっぱりわからなかったが、どうやら新しいスタイルの読書会を北海道で行うとのこと。課題本は何がいいか相談を受け、いろいろなやりとりがあった末に平田オリザ『わかりあえないことから』(講談社新書)に決まった。発売されてすぐに読んで大いに共感した本であるが、読了してから数年経ったため、復習のような気持ちである。講師は大阪の三原さんで、会場はオノベカである。

読書会には様々なフォーマットがあり、大きく二つのやり方に分かれる。事前に本を読むか読まないか、だ。事前に課題本を読んでから行う読書会は、ディスカッションや感想を話し合うもの、報告者がレジュメを作ったりパワポで内容を詳細に解説する講義形式といったやり方が一般的だろう。事前に本を読まないで行う読書会は神田昌典さんが提起しているRFA(Read For Action)のように、本をぱらぱらめくって目についたキーワードを付箋に書いて全員でシェアするといった方法だ。どちらがいいかは、本の性質や、参加者の読書履歴、読書スキルなどによって好みも変わってくるだろう。

筆者は両方の読書会に参加したことがあるが、このブログでも何度か紹介した学習塾はるにて行われている読書会のように、事前にガッツリ読んでから一時間みっちり論点に沿ってディスカッションする形式にすっかり慣れており、個人的にも読了してから行う読書会の方が断然好きである。そのため、事前に本を読まなくてもいいメソッドであるABD(Active Book Dialogue)読書会には少々抵抗もあった。

ABD読書会の方法は、本を章ごとなりに裁断して紙の束にして(裁断することに抵抗があるなら、全員が本を持ち寄ってもよい)、参加者が好きな束を選択して各自のパーとを決める。次に制限時間内に自パートの束を読み、A4の紙数枚にエッセンスなり重要な部分を自分なりにサマライズしてマジックで書き込む(形式は自由。イラストを交えても良い)。A4の紙を章ごとに順番に壁に貼って、リレーのように各パートの担当者が順番にプレゼンして内容を説明するというやり方だ。


最初に練習代わりに、冒頭のはじめにと第一章でABD読書会を行い、次に第二章からあとがきまで通して行った。

f:id:makottsu:20170513202202j:plain

実際にやってみると、さらに紙にわかりやすくアウトプットするため、必然的にどこが重要なのかを考えながら自分のパートを深く読む必要がある。さらにはプレゼンの技術も必要なので、なかなかハードだ。実際にみんなのリレープレゼンを聞いていると、それだけで一冊の本の流れがつかめたような気になる。

f:id:makottsu:20170513202323j:plain

 

プレゼンの後は、A4の紙をざっと見渡して、気になったり面白かったA4の用紙に付箋をつけてピックアップして、各用紙ごとに分かれてみんなでディスカッションをして気づきをシェアして終了である。会場の都合の関係で、ディスカッションの時間がほとんどとれなかったが、なかなか面白いメソッドだと感じた。パラパラめくるだけの読書会に不満のある人にとっても大いに有効だろう。じっくり読んでから参加すると、理解も深まると思う。

一回体験してみると、二回目以降は時間の短縮が可能だ。ABD読書会は一回だけで一冊を無理に行う必要はなく、一章を全員で分担しながら何回も行って一冊を読了してもいいし、本の難易度や参加者の都合に応じて好きなようにやればいいとのことだ。小説や学術書でも使えるらしいが、果たしてミステリーでやってみるとどうなのだろうか???

さらにはビブリオバトルを行って、チャンプ本でABD読書会を行うといいのでは、なんて案も出た。これをやるとなると半日近くかかりそうだが、本を使った学びとワークショップとしては大変面白いメソッドである。版権フリーとのことなので、現在普及活動中とのことだ。

『ぼく、学級会で議長になった。小中学から始めるファシリテーション入門』好評です

久し振りの更新です。
おかげさまで、拙著『ぼく、学級会で議長になった。小中学から始めるファシリテーション入門』は紀伊國屋札幌本店を中心に多くの方に手にとっていただいております。特に、紀伊國屋札幌本店入口すぐそばの新刊コーナーでは、発売されてからずっと継続的に平積みをしていただいています。二階の教育書のコーナーにも20冊近く平積みされています!!!発売直後には無理言って50冊入荷していただきましたが、すぐに完売しました。その後も何度か追加注文していただいたようで、これほどまでに紀伊國屋書店さまに置いていただけるのは、本当にありがたいことです。

Amazonでも発売後数日もしないうちに品切れとなり、しばらく購入出来ない状態が続いていましたが、その後たっぷり入荷されてからは週に6,7冊くらいのペースでコンスタントに購入いただいております。手にとってくださった方には感謝するばかりです。

児童書の形式で書かれたファシリテーション本はおそらく日本初で、しかもファシリテーションがテーマになっている児童文学というのも、たぶん日本初のものです。そういう意味では数多く発行されているファシリテーション本の中でも、比類のない、かつ先鞭を付ける内容であると言えます。

4月になり、新しい環境でファシリテーションが必要とされる場面が出てくるでしょう。ぜひ、小中学生の親御さんだけでなく、大人でも、興味のある方はぜひ手に取ってみてください。今後は、札幌の某児童会館で子供達主体の読書会を計画してます。
過去にも読書会を行いました。他にも、こんなことをやって欲しい、とかファシリテーションに関して興味のある方、感想などぜひご連絡ください。
よろしくお願いします。